国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

フリーランス・個人事業主のための税金・会計・確定申告

  • 創業(3年)で倒産しないために…!知っておきたい開業準備のオキテ ~創業融資編【事業計画】 ~

    2018.09.28

    飲食店の開業には少なくとも1千万円ほどかかると言われているため、自己資金だけで賄える人はほとんどおらず、大半の開業予定者が創業融資を避けては通れません。創業融資を受ける際に苦労するのが事業計画です。そこで今回は、事業計画の作成ポイントを紹介します。

  • 創業(3年)で倒産しないために…!知っておきたい開業準備のオキテ ~創業融資編【融資面談】 ~

    2018.08.30

    飲食店の開業には少なくとも1千万円ほどかかると言われているため、自己資金だけで賄える人はほとんどおらず、大半の開業予定者が創業融資を避けては通れません。創業融資を受ける際に一番心配なのが、融資面談です。そこで今回は、「融資面談においてよく質問されること」について紹介します。

  • 創業(3年)で倒産しないために…!知っておきたい開業準備のオキテ ~創業融資編【自己資金】 ~

    2018.08.06

    飲食店の開業には少なくとも1千万円ほどかかると言われているため、自己資金だけで賄える人はほとんどおらず、大半の開業予定者が創業融資を避けては通れません。創業融資を受ける際に重要となってくるのが自己資金です。そこで今回は、「どこまでが自己資金にあたるのか?」について紹介します。

  • 創業(3年)で倒産しないために…!知っておきたい開業準備のオキテ ~創業融資編 【融資可能額】~

    2018.07.02

    飲食店の開業には少なくとも1千万円ほどかかると言われているため、自己資金だけで賄える人はほとんどおらず、大半の開業予定者が創業融資を避けては通れません。今回は、「創業融資はいくらまで受けることができるのか?」について紹介します。

  • 創業(3年)で倒産しないために…!知っておきたい開業準備のオキテ ~創業融資編 ~

    2018.06.01

    飲食店の開業には少なくとも1千万円ほどかかると言われているため、自己資金だけで賄える人はほとんどおらず、大半の開業予定者が創業融資を避けては通れません。今回は、「創業融資をどこの銀行で受けた方がよいのか?」について紹介します。

  • 飲食店専門税理士が指南 創業(3年)で倒産しないために…!知っておきたい開業準備のオキテ ~開業資金編 ~

    2018.05.08

    水野先生の好評連載「飲食店専門税理士が指南する●●のオキテ」シリーズの続編がスタートです。新規に飲食店を開業した個店の約7割~8割が3年以内に閉店に追い込まれていると言われています。この最大の理由は、創業期は経営が軌道に乗るまでに時間を要するのに、それまでの資金がもたないためです。そこで当連載では、これまで目の当たりにしてきた飲食店の開業準備ドラマ・試行錯誤の様子を紹介します。初回は開業準備の要の「開業資金」についてです。

  • どうやって行われるの? 個人事業主の税務調査

    2018.04.02

    起業すれば、誰にでも訪れる可能性がある「税務調査」。税務調査は、法人だけにくるものではない。税務署の組織には「個人課税部門」というセクションがあり、事業者から提出された確定申告書の内容についてチェックを行い、税務調査に訪問すべき個人事業主を選定している。そこで今回は、個人事業主の税務調査について注意すべき点を解説する。

  • いまさら聞けない! 不動産投資の節税効果

    2018.03.26

    サラリーマンや事業が上手くいっている個人事業主に、節税を行いながら可処分所得を増やす手段として注目されている「不動産投資」。不動産投資はその収支に対して株式などの金融商品とは違った税制が適用されることから、節税できるのだ。そこで今回は、不動産投資の節税効果について検証したい。

  • 院長先生必見! クリニックの節税方法

    2018.03.19

    「節税方法」という言葉を聞くと、なにか特殊な知識や方法が必要と思われがちだが、やるべきことは単純である。税金は「所得金額×税率」で計算されるため、所得金額か税率のいずれかを下げることができれば、税金を押さえることができる。

    本来経費にできるものを経費としていない、せっかく用意されている所得控除などの制度を利用していないなど、無駄な税金を支払うことのないよう、いま一度ご自身の申告内容を検証してほしい。

  • 今後どうなる!? 税務行政の将来像

    2018.02.26

    国税庁は平成29年6月、「税務行政の将来像~スマート化を目指して~」と題し、中長期的(概ね10年後)に税務行政が目指していく方向性について発表した。これは、税務行政が抱える課題についての対策として、高度化する情報システムを駆使し、抜本的に税務行政のあり方を見直そうとするものであり、とても興味深い内容となっている。

ページ先頭へ