国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

2020年版 4大監査法人の業界地図~人材から分析~全法人で人件費増加へ

4. 2020年版 人件費による比較


 

いずれの法人においても、人件費は増大しています。一番増加率が低かったEY新日本で前年度比2.4%アップ、高かったあずさでは前年度比7.0%も人件費アップとなりました。業務収入に対する人件費の占める割合を見ると、トーマツおよびEY新日本は前年よりもダウン、あずさおよびPwCあらたは前年よりアップとなりました。

人件費の増大の理由について、「コロナを受けて顧客企業とデータや書類をネット経由でやり取りする「リモート監査」が広がった結果、業務が遅れて残業が増えた。」と報じられています(日本経済新聞電子版2020/9/16)。事実、人員一人当たりの報酬給与をみると、いずれの法人においても、前年度よりもアップしています。

また人員一人当たり賞与については、あずさが今年度ジャンプアップを見せました。もともとあずさの賞与は高い基準にありますが、今年度の基準には目を見張るものがあります。

〇新型コロナは人件費を増加させる?

あずさは、新型コロナウイルスの影響について、「当期においては、新型コロナウイルスの影響によりテレワークを中心とした監査業務等の遂行を余儀なくされましたが、必要に応じて代替的な監査手続きを織り込みながら監査業務を実施しました」と記しています。

コロナ禍を契機としたリモート監査の流れは、働き方改革という流れにも沿うことから、今後ある程度普及していくことが見込まれます。しかし、日本公認会計士協会の手塚正彦会長が、4月21日の都内で開かれた記者会見で、在宅勤務の広がりにより「感覚として監査業務の効率が2割程度落ちている」(日経新聞電子版2020/4/21)と発言したように、作業効率という点ではまだまだ改善の余地があり、人件費増大の流れは今後もある程度続くことが見込まれそうです。


バナーをクリックすると㈱レックスアドバイザーズ(KaikeiZine運営会社)のサイトに飛びます

最新記事はKaikeiZine公式SNSで随時お知らせします。

 

◆KaikeiZineメルマガのご購読(無料)はこちらから!
おすすめ記事やセミナー情報などお届けします

メルマガを購読する


 

(関連記事)

2020年版 4大監査法人の業界地図~クライアントから分析~3法人でクライアント数は減に

2020年版 4大監査法人の業界地図~業績から分析~各監査法人ともに収入増へ

【相続】「自筆遺言」を保管してもらえる制度始まる!

令和2年版モニタリングレポートからみる監査法人の動向

改めて監査法人の責任が問われる事態へ?独ワイヤーカード破綻

リモート監査は今後根付くか?各監査法人の取り組みを見る

コロナ禍で止まっていたIPOが急増加!アフターコロナでどうなる?上場市場

令和2年公認会計士試験(第II回短答式) 8/23実施に決定!

著者: ハイタアジサイ

税務ライター

早稲田大学第一文学部卒。税務専門紙記者や会計事務所での広報などに就業しつつ、仕事の傍ら千葉商科大学会計大学院進学。公認会計士短答式試験に合格するも、パートナーの海外赴任により論文試験は一年で放棄、渡独。ドイツ生活を5年間堪能後帰国。2児の母。

1 2 3
ページ先頭へ