国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

税理士法人Brothership代表 松原潤の経営コラム「経営支援型会計事務所が目指す真の分業体制」

個人商店の集まりではなく、組織力を上げる

時間と労力を差し出す引き換えに賃金を得るとか、生活のために嫌々働くには人生は長すぎます。仕事を通して誰かに喜ばれ、自分も成長を感じられて楽しく、結果経済的にも豊かになる。これは実現可能です。苦手なことを自分の努力で補填することも大事ですが、それぞれが得意なことをやって感謝されることのほうが成果や喜びは大きいと私は考えます。これこそが組織で経営をする意義です。個人では成し遂げられないことを組織なら達成できる。そのためには、分業体制で、各自が強みを発揮できる仕事を担当することが必要だと思うのです。

以上が、私たちが経営支援型会計事務所として、お客様の期待に応え、かつ個人の強みを発揮して組織力を上げるために分業体制をとっている理由でした。次回は具体的に、各階層が担っている役割についてお伝えしたいと思います。


バナーをクリックすると㈱レックスアドバイザーズ(KaikeiZine運営会社)のサイトに飛びます

最新記事はKaikeiZine公式SNSで随時お知らせします。

 

◆KaikeiZineメルマガのご購読(無料)はこちらから!
おすすめ記事やセミナー情報などお届けします

メルマガを購読する


 

(関連記事)

税理士法人Brothership代表 松原潤の経営コラム

「会計事務所の明るい未来」

新型コロナウィルスがもたらした効用

会計事務所が中小企業のCFOになるためには

会計事務所が経営支援を事業化する際のポイント

・「経営支援型会計事務所の採用方針」

経営支援型会計事務所の採用を成功させる手法

私たちがブラック寸前の会計事務所から改善できた理由

離職がゼロに。人が辞めない会計事務所の5つの制度を大公開

創業5年の生存率が深刻に低い本当の理由

「クライアントの業績向上に本当に必要なことは経営会議活性化だった」

「クラウド会計ソフトのうち私たちがfreeeを選んだ3つの理由」

「失敗事例から学ぶfreee導入支援のポイント」

著者: 松原潤

税理士法人ブラザシップ 東京オフィス/代表社員 公認会計士・税理士

大手監査法人勤務後、トヨタ系ハンズオン型ベンチャーキャピタルで、様々なベンチャー企業の修羅場を経営者と乗り越える。現在は経営支援型会計事務所の代表を務める。
コアスキルは、財務、コーチング、戦略的思考、心理学。経営者のポテンシャルを120%引き出して理念ビジョンを叶える仕事と、ベンチャー支援がライフワーク。

■税理士法人ブラザシップ
https://www.brothership.co.jp/

1 2 3
ページ先頭へ